**さかさかな**


♪手回しオルゴールは、楽譜の差し込み方によって、曲を違う角度から聴くことができます。

差し込み方は、4通り
試しに1つの曲をその4通りで、聞いてみましょう。

好きな順で、聞いてみてください。私のお勧めは、1→2→3→4の順に、です。
その順で、徐々にわかりやすくなるので、推理が楽しいかと思います。


曲目のヒント: 空にあるもの。


**3年以上、クイズ曲が更新されないのには、事情があります。
音楽ファイルはいっぱいあって、本当は季節ごとに替えたいのです。
でもHPの管理会社が変わって以降は、作成方法が変わって、私がそれを把握できてないからだと思うのですが、
音楽ファイルがアップできなくなっちゃったんです。ごめんなさい。<(_ _)>。

  表を上にして、エンディングから差し込む。 ⇒ 音の高低が逆で、進行方向も逆になる。
   ・・・楽譜を上下逆さに置いて奏すると、こうなります。
                       ⇒ ♪ダブルで逆さ♪
  裏を上にして、エンディングから差し込む。 ⇒ 音の高低はそのままで、進行方向が逆になる。 
   ・・・テープを逆回転させたのと同様になる。
                       ⇒ ♪流れが逆さ♪
  裏を上にして、出だしから差し込む。 ⇒ 音の高低が逆で、進行方向は正常
   ・・・これは原曲とリズムが同じ。でも曲調がかなり違って聞こえます。
                       ⇒ ♪リズムは同じ♪
  表を上にして、出だしから差し込む。 ⇒ 正しい差し込み方。
   ・・・これは正常な音楽、歌も入れちゃいました。
                       ⇒ ♪正解はこの曲♪   



手回しオルゴールと楽譜

これは、の流し方。楽譜は、左から右へ動いていきます。→→
つまり、エンディングから出だしへ向かっているわけです。
ネジのある側から見ると、正規の流し方に見えますけど、逆なんですよ。

(Special Thanks To G'Studio)


手回しオルゴールの仕組み ← ひとつ前のページに戻る


            トップページ  ← 戻る                    進む → 私のオリジナル曲たち